楽屋の農産物

楽屋は農家民宿なんですが、その農園LOVE LIFE FARMがあります。
なんでこんな洋風な名前かというとハーブをやりたくて農家になったからです。
実はアロマハンドセラピストの資格も持っています(笑)
ここではファームで育てている野菜を紹介していきます。
露地野菜、穀類、ハーブ、加工品など色々やっています!

お米

毎年、うるち米「イセヒカリ」と、地元のときがわ町で継がれてきた、もち米を育てています。 もちろん、無化学肥料、農薬不使用です。毎日のご飯は「酵素玄米」という炊き方をしたお米を 中心に食べています。お米が収穫できたとき、なんだか凄い嬉しい感じと安堵感を感じます。 きっと昔の人も同じように感じていたんだろうな。
春の畑

小麦

小麦は小麦粉にするのと、加工してうどんにすることで食べています。 自分の小麦粉で、パンをつくったり、お菓子をつくったりもします。 お好み焼きも全然味が違うんですよね。 もちろんポストハーベストなんか入っていないから安心。 品種は中力小麦の「農林六十一号」です。 夏の茄子

ケール

ケールというと青汁のイメージがありますよね。栄養価がすごく高い、でも苦い。 でも、ケールにも色々とあってサラダケールを育てています。すごく甘い。 とくに冬に霜に当ったケールはすごく甘い。もともとキャベツの原種なので、 サラダにも良いし加熱しても美味しい。ぜひ食べてほしいなぁ。
秋の稲

トレビス

日本では馴染みが薄けど、イタリアではみんな食べている。レタスの仲間でちょっと苦い。 でも、その紫の色はポリフェノールだよ。抗酸化作用。 お酢を使ったり、油を使った加熱をすれば、苦くも甘い大人の味に。 おしゃれカフェのサラダによく入っていますね。 余分な油をほろ苦さですっきりさせてくれて、お肉の料理に非常に合います。
冬の人参